イベント案内

中小企業を応援する
支援策を上手に活用するためのセミナー

概要

「今のままでは駄目!将来を考え何か新しい取組を始めたい!」(経営革新)
「自社のオリジナル製品を売り込みたいが、販路が・・・」(販路支援)
「商品開発はしたものの拡販のための資金が不足している」(資金支援)等々

こんな悩みや、あんな悩み、事業に関する悩みは尽きないものです。
そんな時、支援機関はいろいろあるけど『何処へ相談すればよいのか?』『どんな支援 を受けられるのか?』まだまだ知らないことも多いのでは?
そこで、わかりやすく、ひとまとめにしてみました!

是非このセミナーで支援策を上手に活用する方法を見つけてください!

開講日時
平成22年6月18日金曜日
(受付開始) 午後1時
(セミナー) 午後1時30分〜4時10分
会場
中小機構 経営支援プラザUMEDA
大阪市北区梅田1-1-3大阪駅前第3ビル19階
Tel06-6342-1071 Fax06-6342-1075
定員
100名(先着順)
参加費
無料
プログラム

第1部 中小企業を応援する支援策について (制度説明)
[午後1時40分〜2時30]

1. 大阪府の新事業支援策
・新エネルギー関連施策(22年度の新事業)の紹介、新エネ産業への参入事例
 (大阪府商工労働部 新エネルギー産業課
   企画グループ 総括主査 岡田 一郎氏)
 (大阪商工労働部 大阪産業経済リサーチセンター
   主任研究員 越村 惣次郎氏)
2. 大阪府のものづくり企業の販路開拓メニュー
・大阪ものづくり優良企業賞2010、国際的大規模展示商談会活用事業
 (大阪府商工労働部 商工振興室 経済交流促進課 参事 馬場 広由己氏)
3. 中小企業基盤整備機構の支援メニュー
 (中小企業基盤整備機構 近畿支部
   総括プロジェクトマネージャー 橋本 豊嗣氏)

第2部 支援策を上手に活用するには (パネルディスカッション)
[午後2時40分〜4時10分]

各支援機関の担当者をパネラーとして迎え、それぞれの支援策がどのように活 用されるのか、どうすれば上手に活用できるのかを討論します。 窓口相談から始まり、事業レベル・ニーズに応じて対応できる支援機関の支援 実例などを参考に、今から何をすべきか、そのヒントを見つけにきてださい。

《支援機関パネラー》
◎大阪中小企業応援センター(北摂地域)
コーディネーター 尾上 康之氏
◎中小企業基盤整備機構 近畿支部
販路開拓チーフアドバイザー 石川 憲昭氏
◎摂津水都信用金庫 審査部 (経営改善相談チーム)
副部長 植野 光庸氏
《モデラー》
中小企業基盤整備機構 近畿支部
統括プロジェクトマネージャー 橋本 豊嗣氏

申込方法
申込書にご記入の上、FAXにてお送りください。
大阪彩都総合研究所宛 FAX 072-631-2277
イベント一覧に戻る
s